つらい腰の痛みに朗報!

必殺腰伸ばし

長々とお話ししてきましたが、その方法がこれ(↓)

 

腰痛,改善,克服,牽引,痛み,予防,原因,体操,治療

 

足を引っ掛けている台(子どもの学習机の脇机)の高さは約60センチ。腰を10センチほど浮かせた状態で、3〜5分間そのままの体勢をキープするだけです。

 

日頃、少し調子が悪いな、腰が重いな〜と感じても、これをやると、圧縮されていた腰椎がGから解放されるような感覚があり、たちどころに腰の不快感が消えてしまいます。

 

これを始めてから10年以上、腰痛で病院には行っていません。

 

誰でも思いつきそうな簡単な方法ですが、自分が探した限りではこのような方法を紹介しているサイトが見つからなかったので、思い切って公開することにしました。

 

ただ、牽引治療のところでも書いたように、病状によって適・不適があると思うので、一度は専門医の診断を仰いで、実際に治療を受け、そこで牽引の有効性が感じられない場合は止めておいたほうが無難でしょう。

 

もちろん日常生活での注意も必要です。

 

さて、上で紹介したように、私は学習机の脇机を使っていますが、学習机そのものでもよいと思います。勉強する場所に足を乗せるのはちょっと……という場合は、マットか何かを敷いて汚れないように。要するに、足を乗せるのは、高さ60〜70cmくらいのしっかりした台であればOKです。

 

適当な台がない場合はどうするか。「必殺腰伸ばし」のためだけに台や机を新調するのはバカらしいので、それならいっそのこと、専用器具の購入を検討するとよいでしょう。それなりの出費になりますし、場所もとりますけど。

 

牽引専用器具

  • ハンドルで牽引力を調節します。
  • 縦置きすれば、約50cm×40cmのスペースで保管できます(おそらく転倒防止措置が必要)。

 

  • 自分の体重を利用して牽引します。
  • 保管場所は上の「けん引機 NB-1」よりもかなり広くなりますが、価格は半額程度。