つらい腰の痛みに朗報!

ドライバーのための腰痛対策

普段、長時間のドライビングをすることはありません。車を使う仕事ではないし、通勤ではおもに自転車を使っているので。

 

ただ、今回の記事を書くために調べているうち、腰痛に悩むドライバーさんたちが非常に多いことに驚きました。特に、「○○運転手」と呼ばれる職業ドライバーの人たちです。

 

原因

長時間の運転によって起こる腰痛ですが、原因としては、「同じ姿勢を続けていることと、その姿勢の悪さ」に尽きます。

 

直立時よりも椅子に座った時のほうが、腰への負担が大きいとはわりと知られていますが、座位よりもさらに運転時のほうが腰には良くありません。運転に集中するあまり前かがみの姿勢になり、腰椎の自然なS字カーブを保つことができなくなるのです。

 

加えて、その姿勢を長時間続けることで、背骨を支える筋肉に負担がかかり、血行が悪くなってしまいます。そして意外だったのが、ミッション(MT)車よりもオートマティック(AT)車のほうが、腰には良くないこと。

 

AT車(右ハンドル)の場合、左足を使いません。膝を少し曲げてフットレストの手前に左足を置くことになります。一方、右足はアクセルとブレーキを操作するために伸ばした状態になりますから、左右でアンバランスが生じます。結果として、右の腰がシートバックにきちんと接触せず、左右不均等に体重がかかるため、腰痛が引き起こされるというのです。

 

その点、MT車はクラッチペダルやシフトレバーの操作で左の手足を使うため、左右の手足の位置が均等になり、AT車に比べて正しい姿勢をキープしやすくなります。

 

このように、運転姿勢自体が腰に負担をかけていることに加え、トラック運転手などの運送業者さんは、車に積んだ荷物の運搬で、さらに腰を酷使することに……。

 

こういったことから、職業ドライバーに腰痛持ちが多くなるというのは、悲しいことに必然なのでしょう。

 

対策

原因がわかったところで対策ですが、まずは「正しい運転姿勢」。これが重要です。

 

具体的には「シートに深く座り、シートバックに背中をしっかり付ける」こと。そのためにも、シート自体を心持ち手前にセットして、シートバックを倒し過ぎないようにします。できれば、直角に近いぐらいにして、背中はもちろんですが、頭もヘッドレストに接触するように。言うまでもなく、ハンドルやペダル類の操作に支障がない距離を保ちます。

 

それでもしっくりこない場合は、クッション等を利用するのがいいでしょう。ただ、クッションを長時間使用すると、血管や神経を圧迫して痺れをもたらすことになるので、ほどほどに。

 

※上の画像ですが、言うまでもなくシートは値段に含まれません。

 

「正しい運転姿勢」に次いで重要なのが「軽い運動」。できるだけこまめに車を停めて、身体をほぐしましょう。足腰の筋肉を動かすことで緊張が解け、血行も良くなります。結局のところ、同じ姿勢を長時間続ける限り、腰痛は改善されないのです。

 

対策として少々変わったものでは「天然水晶ホワイトストーン」というアイテムがあります。耳やへそに入れるだけで体温が1℃アップするという温熱グッズで、腰痛の場合だと「へそ孔挿入」が推奨されているとか。