つらい腰の痛みに朗報!

デスクワーカーのための腰痛対策

「腰痛」「椅子」というキーワードでGoogle検索すると、だいたい上位表示されるのは「アーロンチェア」「バランスチェア」です。

 

ただ、自分が購入するかという視点で検討した時に、どうも二の足を踏んでしまう……というか、おそらく購入には至らないだろうなと思うのです。

 

まずアーロンチェアですが、何と言っても「高価」(10万円以上)です。

 

Amazon「アーロンチェア」のラインアップ

 

これだけ値段が高いのだから品質もそれなりに良いのでしょうけど、もし、自分の身体にフィットしなかったら……という不安が拭いきれません。おいそれと買い換えはできないし、我慢して泣く泣く使い続けるのも嫌だし……。

 

Amazonなどのレビューを見ると、評価が二極化しているのも気になるところです。もしかしたら、後悔する方に入ってしまうかもしれない、と考えると、ちょっと10万円超は……。

 

最寄りの家具屋で試してみるという手はありますが、結局のところ、ある程度の期間、使ってみなければわからない部分が残ります。

 

次に、バランスチェア。形状のユニークさに惹かれます。

 

Amazon「バランスチェア」のラインアップ

 

職場に使用経験者がいるのでヒアリングしたところ、「確かに背筋は伸びて姿勢は良くなるが、膝に負担がかかるので長時間の使用は困難」というコメントでした。同様の感想は、Amazonのレビューにもあります。

 

それに、私のライフスタイルというか使い方からすると、背もたれがないというのは辛いんですよね。頭の働きが鈍ってきたなと感じたら、仕事の合間に短時間睡眠をとるので。

 

結局、私が椅子を新調する際の条件としては

  • 長時間のPC作業が楽にできること
    あまり疲労がたまらないような座り心地。もちろん、不快感や痛みがあるようだと論外です。
  • 快適に短時間睡眠がとれること
    作業中にどうしても眠くなることがあります。その際は、素直に15分〜30分ほど眠るのが作業効率を考えると効果的。
  • 値段が手ごろであること
    1万円台。もし不都合があっても、我が家の家計からすると、買い換えのハードルはそれほど高くない。

この条件を満たすものとして、今現在、使っている椅子がどうにかなった時に購入したいのが、これ。

 

すぐにでも購入したいぐらいなのですが、現在使用中の椅子が健在なうちは我慢するつもり。

 

腰痛対策としては、作業中にこまめに椅子から離れて身体を動かすことにします。どうせ、座ること自体が腰には良くないんだから。